ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

ハイ・ライズの感想(映画&小説)

先日、ふと思い立って「バーナード嬢曰く。」を再読し、作中で紹介されていて気になった「ハイ・ライズ」。Kindle版の小説を買って、読み終えてすぐに映画をレンタルで見ました。思い立った時にすぐ見られるAmazon超便利。

小説版の感想(ネタバレなし)

住民たちが野生に帰って暴れまわるだけの話なので、ネタバレというほどのものはなし。 完結に書くと、すごくおもしろい…というわけではない本でした。全体的に鬱屈とした雰囲気だし、舞台は荒廃したマンションだし。
読んで最初に思ったことは、「どうしてそうなる!?」でした。住民は知的な専門職についている人たちなのに、生活モラルはない。マンションの設備は入居してすぐに故障しまくる。
これは現代の視点から見るからそう思うのであって、もしかしたら、書かれた当時(70年代?)のテクノロジーでは、40階建てのマンションのインフラなんて、電気も水道も信用できないレベルだったのかもしれないと解釈。現代には2千人以上住んでるマンションなんか余裕でありますけどね。
それと、イギリス特有の階級社会がマンション内で作られていて、下層と上層でのいがみ合いが発生するところまでは分かる。しかしそこから生活が崩壊していくのに、住民のほとんどがその状態に適応しようとするところが意味不明だった。なんでそうなるんだ、と。そもそもベランダからゴミを捨てるのはないだろう、と。上流階級の人がなんで生活モラルだけ底辺なんだよ、と。
リアルに階層による階級…というか、暗黙の了解的な格差はありそうですが、仮にあったとしても心理的な嫌がらせにとどまるでしょうね。そもそも警察沙汰になるし。しかし作中ではなぜか住民が一致団結して警察をマンションに近づけないようにしています。 なぜかしだいに荒廃していくマンション。そこの描写はちょっとおもしろかった。

しかし犬がひどい目にあうことが多いので、犬好きの方にはおすすめできない。というかどんな人にもおすすめすることはないであろう本でした。

登場人物が多いので、メインの3人以外どれが誰だかわからなくなるときが度々あった。こういうとき、KindleX-Rayは本当に助かります。すぐに人物名検索できるし。
関係ないけれどもその昔、フィリップ・K・ディックの「ユービック」を読んだのだけれど、あれも登場人物多すぎてKindleじゃなかったら絶対に読了できなかっただろうと思う。基本的に人の名前が覚えられない…。
しかしあとがきを読んで、原書でもワイルダーの妻の名前が途中で変わっていたりしたそうなので、あれだけ人物が出てくると作者も覚えてなかったりするのかもしれない、とちょっと安心したりもしましたw

少々脱線したけれども、巨大なマンションという閉鎖空間での暗黙の了解から始まるディストピア的な舞台設定は面白いと思えたので、グロいものとか汚いものが平気な人なら読んでみるといいかも。

映画版の感想(ネタバレなし)

小説の感想を探していたら映画の感想を見てしまって、ルーク・エヴァンスが出てるから見てみよう、程度のノリでAmazonでレンタル視聴しました。「ホビット」見てから好きなんですよね。ワイルドな見た目もかっこいいけど声が特にいい。映画は評価が微妙なのでレンタルするかかなり迷いました。エヴァンスが出てなかったら多分見ることはなかったでしょう。

小説版と内容はほぼおなじ。ところどころ変わっている部分はあるけども、ほぼ原作どおりと言っていいです。
ただ、映像と音だけで説明がないシーンが所々にあるので、映画のみを一回見ただけだとわかりづらいかも。かっこいい絵を作るのに力入れすぎて説明不足な感じがありました。

60年代、70年代のイギリス車でいっぱいの駐車場、いいです。すぐに荒廃するけども。
主演のトム・ヒドルストンは「ミッドナイト・イン・パリ」で知ったけど、かなりの肉体美でしたね。崩壊したジムで無表情で筋トレしてるあたり、ラングのクレイジーさが顕著に表現されていた感あります。

ネットで感想を漁ったところ同じような感想をちらほら見かけたのですが、この映画を人にすすめることは決してないでしょう。肌色多いし、知性はないし、突っ込みどころ多いし。

映画の内容とは関係ないのですが、自分はなぜか高層マンションが苦手です。20階以上の巨大マンションを見ていると何故か吐き気がしてくる。これ、誰にも理解されたことないんですけど何なんでしょうね。あの建物に大量の人間の生活が詰まっていると想像すると吐き気がしてきます。
自分は、たとえ停電とか水道トラブルがなくても高層マンションには絶対住めないだろうなぁとは改めて思いました。

都内で作業しやすいおすすめカフェ

最近カメラを持ち出す気分になれないので、休みのときはカフェを巡り歩いています。 そこで最近行った穴場的カフェをメモしておきます。

ちなみに珈琲の味とかより作業(書き物とか)しやすい雰囲気重視の選択結果になっております。

MONZ CAFE 西新井店

http://www.monzcafe.com/aboutus/

足立区とは思えないおしゃれカフェ。しかも周りの下町感とは完全に浮いてる感ありますが、そこがいいというか、なんというか。 たまたま近くに用事があって平日の昼頃行ったのですが、自分の他には、作業してる人とランチに来ている人が2,3人いたくらいで、居心地はかなり良かったです。カフェラテのアイスを頼みましたが、味もなかなか悪くないです。 西新井駅からは若干遠いですが、西新井大師駅からなら徒歩5分くらい。
本店?である門前仲町にあるMONZ CAFEにも行ったことがあるのですが、門前仲町店より店内が広くて席数は多いです。 休みの日の混雑具合は未知なので今度チャンスがあったら行ってみようと画策中であります。

ペーパーバックカフェ

http://www.tokyodo-web.co.jp/cafe/

いわずとしれた神保町の本屋カフェ。昼間に行くといつも混んでるイメージですが、休日の午前中なら割と空いています。 神保町はオフィス街なので平日より休日のほうが空いてます。
基本的にアイスコーヒーかアイスティーしか頼まないのですが、普通に美味しいです。いつかカレーを食べてみたいと思いつつも、時間の都合でなかなか機会がないのが悲しいところ。
ちなみに黙々と読書とかお仕事してる人が多いので、数人で行くとおしゃべりしづらいです。店内に丸聞こえです。

電源があるのでPC使う人が多くいるイメージ。

やなか珈琲 千駄木

都内に何店舗かあるやなか珈琲ですが、千駄木店を推すのは席数が多いから。 基本的にやなか珈琲ってカフェというより豆屋さんなので、席は申し訳程度にしかないところが多いのですが、ここは二階もあり、席数がそれなりにあるのがいいです。豆屋さんだけあってドリップコーヒーの味と香りが最高。店内で焙煎しているので店中コーヒーのいい香りに包まれます。 試験勉強している人とか、おしゃべりしている人もいて書き物作業はしやすかったです。やはり休日の午後は混むので午前中がおすすめ。
千駄木の周辺は他にもカフェがあり、散歩するにも雰囲気がいいので、よく行きます。

BROOKLYN ROASTING COMPANY 晴海店

http://brooklynroasting.jp/location/harumi/

晴海トリトンの2階にあるアメリカンなカフェ。コーヒーはかなり美味しいです。ブルーボトルコーヒーが好きな人なら特におすすめ。
窓辺のカウンター席には電源ありで、ノマドな方たちが仕事していたり、近隣の会社員たちが休憩していたりしてました。 コーヒーの味はかなり酸味強めのアメリカンな味ですが、日によって豆の種類が違うらしく、好みの味を注文したりもできました。 運河を見ながらコーヒーを飲んだり、ソファに座って作業するにはかなりいい環境ですが、駅から遠いので行きづらいです。おしゃれなカフェ好きな人は行ってみる価値はあると思います。

読書感想文の呪い

もうしばらくブログは愚か、パソコンで長文を書くということをしていなかったので腕がなまっている気がするので、久しぶりの更新になります。タイピングの練習を兼ねて。
ブログの下書きを漁っていたら、夏休みっぽいタイトルのものを見つけてきたので書こうかな、と。

大人になってから、読書感想文なんて書く必要性は全くなくなってしまったのだけれど、たまに読んだ本の感想とかを、どこかに書き出しておきたくなる時がある。
今はそれがブログなんだけれども。
しかし、ここ数回のブログで文句ばっかり書いていて気がついたことは、小学校で書く読書感想文は、自分の感想ではなく教師(あるいは大人、または世間)が求めるものを書こうとしていたな、ということ。

義務教育中の自分はわりと優等生ぶっていたので、無自覚に大人は「こう書いたら納得してくれるだろう」ということを書いていた気がする。もちろん出来上がった感想文はクソつまらないものであって、賞とか取ったことは一度もなかった。
なにぶん何年も前のことなので当時考えていたことはほとんど覚えていないが、読書感想文というものには解があって、それに合わせて書こうとしていたんだなと思う。
という風に書くと理系っぽいけれども、数学は苦手だった。

でも子どもなんて本を読んだ自分の考えはそう簡単に出てこないだろうし、仮にしっかりと自分の感想を書いたところで、大人の意に沿わない内容だったら対して評価されないであろうことは明白。
だから、今思えば読書感想文なんて「本を読んだ証拠」以外のなにものでもなくて、大して意味の無い課題だよなぁと思うのでした。
子供の頃から本をよむのは好きだったから読むこと自体は苦労しなかったけれども、「先生の納得する感想」を書くのには苦労していた記憶がある。
そんなわけで、自分の書いた読書感想文はあらすじで8割埋めていたようなタイプだった。

それがこうして、義務教育を終了して何年も経ってから漸く好き勝手な文章を書けるようになったなぁと最近自覚した。 それが前回の記事であり、前々回の記事なのである。

人の書いた文章を読むのは楽しいし、自分で好きなように書くのも楽しい。
最近漸くそういうことに気がついて、人の望む文章を書こうとしていた小学生の頃の、読書感想文の呪いが解けた気がした。