ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

感情は物質に支配される

nil-fell.hatenablog.com

上の記事を書いてから一ヶ月くらいたって、ようやく増量した抗うつ剤の効果が出てきた気がする。頭痛の頻度が減ったし、電車を待っているときの強力な希死念慮抑うつが少し軽くなった。相変わらず不眠症だし、毎日悪夢をみるけれども。

メンタル系の薬を飲んでいて思うのは、人間の意識はどこまでも物質に支配された電気信号でしかないのだなということだ。同じようなことを伊藤計劃氏が言っていた気がする。(10年以上前の記事なので元ソースを探してみたけど見つからなくて諦めた)
彼の場合は精神安定剤だったらしいので、自分の場合とは少し違うけれども、メンタル系の薬という点では似たようなものである。

余談だが、精神安定剤とかいうと無知な人には「ハイになったりするんでしょ?」と言われたことがあるのだが、それはやばいほうのドラッグである。実際の効果はというと「仕事行くの無理……」から「しょうがねぇ出勤するか」程度の変化だったりする。私はデパスが全く効果がなかったのでプラシーボだと思っているけれども。もともと精神的なものより体調の不調のほうが大きかったので、それに対して効果がなかっただけかもしれない。

ダルいとか動きたくないとかめんどくさいとか、そういう思考はセロトニンノルアドレナリンなどの神経伝達物質の増減によって表れたり、消えたりするわけだ。やる気になったり、散歩していて幸福感を感じるのも神経伝達物質の影響なのだ。
お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなるのも、アルコールの分解に糖分を消費した身体が無意識に炭水化物を求めているからにすぎない。ラーメンを食べたくなるのも自分の意思ではなく、糖分が足りないと脳が訴えているだけだ。ちなみに自分はお酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなったことはない。…のだが、一般的なわかりやすいたとえとしてラーメンをあげているだけ。
空腹状態になると怒りやすくなるとかいうのもこのパターンらしい。低血糖時には攻撃性が増すと聞いたことがある。元狩猟動物としては空腹は死につながるものなので、空腹時に攻撃的になるのは納得できる。他にも、キレやすい人は何らかの物質が足りていないことが多い。人前で部下を怒鳴り散らすパワハラ上司とかは何らかの神経伝達物質が過剰だったり少なかったりする。たぶん本人に自覚はないし、検査をすることはないだろうから目立たないだけで。全ては脳の問題なので、本人に何か言って聞かせてどうにかなるものではない。そう考えると、やばい行動を取っている人を目にしてもあんまり気にならなくなる。脳が誤作動中なのね、と思ってスルーできる。

怒りの感情も幸福感も抑うつ状態になるのも全て物質の作用だ。意識のほとんどは脳がコントロールしている。その結果、気分が落ち込んだり、不必要なことを言って誰かを怒らせたり、楽しくなったりしているだけだ。空腹でご飯を食べたいと思うのは脳が栄養を欲しているからであって、自分の意思ではない。誰かに会いたいとか、一人になりたいと思うのも、それまでの経験からそうした方が生命維持に有利だからという本能的なものである。おそらく世の大半の人が思っている以上に、我々は自分の意志で決定していることが少ない。ほとんどが脳によって決められたものを、自分の意思であると勘違いしたまま行動しているのだ。

では、人間が本当に自分の意識だけで行動しているのはどの程度なのだろう。正直に言うと、よくわからない。何気なく行動している普段の活動のすべてが、脳内に組み込まれた本能だけで行われている気がする。電車を待つのに列を作るのも、信号機に従って移動するのも自由意志ではないし。こうしてブログを書いていることでさえ、本能的にストレス解消手段の一つとして取っているだけだ。日常の行動のほとんどが遺伝子に組み込まれた自動的な作業であり、我々が自由意志で行っているわけではない。そう考えると、渋谷のスクランブル交差点を信号機と横断歩道に制御されて行き来する大量の人と、フェロモンによって行列を作る蟻に大差がないと思えてくる。むしろスクランブルに移動する人間よりも整列する蟻の方が社会性があるのではないだろうか?

生き物というのは高度で精密な機械だと思う。脳は電気信号で動いているし、意思決定は物質によって行われている。しかしあまりにも複雑で高機能なためにときどき不具合が発生する。自分の体調不良はその不具合の一種で、薬の摂取によって一時的に正常値までセロトニンを増加させることによって活動に不具合が出ない程度に維持している。ということを考えると、人間ってマジでメカニカル。

気になったので(仕事中に)「自由意志」で検索すると哲学的な記事がたくさんでてきた。この辺は神経科学かと思ったけど、哲学の分野なんだな。哲学苦手とか言いつつあとで暇な時に読んでみようと思って、とりあえずブログにメモとして残している。個人ブログで取り上げるにはちょっと荷が重い話題だった。ただのWEBエンジニアなのに。何書いてんだ俺。

通販もいいけど、たまには外に出てみる

通販でも買えるものをわざわざ店に行って買いに行く必要があるのか。全部通販でいいじゃんという人の主張が理解できる一方で、実店舗で買い物をすることの意義について考えていた。
というのも、先日買い物をしに、とあるお店へ出かけたのである。店名をあえて出さないのは、購入したものが実にくだらなく実用性もなく、自己満足以外のなにものでもない物だからである。

とにかく、前からほしいと思っているものがあったので通販サイトを見ていたのだが、いまいちピンとくる商品がなく、実店舗までわざわざ行くことにしたというわけだ。

普段は通販ばかり使っているので、たまに実店舗にいくと実物の品物をあれこれ見ながら比較して買うものを決めるという体験はなかなか楽しいものだなと思った。通販サイトを見ていたときは全く選択肢に入っていなかったものでも実物を見るといいなと思えてきたり、逆にスペックだけ見て気に入っていても、実物を見るとサイズ感とかがいまいちイメージと違ったりすることがある。

通販だったら、注文さえしてしまえば多少イメージと違ってもまあいいかと思えるし、かごに入れてみてやっぱりやめる、ということもできる。しかし実店舗で色々と見比べていると、いつのまにか真剣に購入を検討している自分に気がついた。

それに店員さんに雑談を交えて相談しながら品物を決めるというのはなかなか楽しかった。逆に店員に声をかけられるのが苦痛というときもあるのだけれど、そのときは店員さんがいい人だったのか自分のコンディションがよかったのか、見知らぬ人との会話は苦ではなかった。「外雨ふってますか?」「まだ大丈夫ですねー」とかどうでもいい情報もやりとりしていると、いつの間にか以前からの知り合いみたいな気楽さで会話していた。そうして店頭に出ていない品物も見せてもらって、実際手にとって見ることができるのは通販にはない強みである。

結果的に気に入ったものが手に入って満足している。ちょっと予算オーバーだったが、まぁ良いかなと思える程度には気分のいい購入体験だった。これなら、通販と同じ値段の場合、実店舗で店員さんのおすすめを聞きながら購入したほうが結果的にはお得なのではないだろうか?とも思えてきた。

たとえば、高価なブランド品を馬鹿にする人がいるけれど、有名なブランド店はスタッフの教育も素晴らしいのであれこれ相談しながら買うという体験も含めれば十分に値段に見合った価値があると思うのだ。(もちろんロゴ代はそれなりなんだけれども、それは考えるだけ野暮というものだ)

例をあげるとするならアップル製品かな。高いイメージがあるし、アップルストアはおしゃれで敷居が高いし、通販でも手に入るものだけれども、スタッフは実に優秀である。自分で必要なスペックや色やサイズを決められるなら通販でも十分だけど、同じようなスペックの製品とどちらにしようか迷ったときはプロに聞いたほうが、確実に自分にあったものが手に入るだろう。Macだって高いというイメージがあるけど実際同じようなスペックのWIndowsPCとくらべてもそんなに差はないし、アップルストアのスタッフは製品知識が豊富なので色々教えてもらえる。というわけでたまにアップルストアに行くと(何も買う予定がなくても)いろんな情報が手に入るのでお得感がある。そのサービスが提供できるのも大きなブランドだからだろう。

近くに店がないという場合はともかく、せっかく行動圏内に店舗があるなら実物を見てから買ったほうがいい体験になるのではないだろうかと思った。良い店員さんに当たったときの購入体験はプライスレスだ。

この前ヨドバシの店員の対応が話題になっていたが、まさにあんな感じ。あれをネットでも同じような体験ができるようになるには相当時間がかかると思われるので、まだまだ実店舗の存在意義は残されているのだ。たまには外に出ようかな。

高所の夢

鮮明に覚えている夢を見たのでメモっとく。この記事はもちろん何の役にも立たないということは先に書いておく。

夢の中では、ものすごい高い場所にある観光地?をめぐるルートを歩いていた。駅から出ると(駅も空中に浮いている)直通でその観光地らしき場所に出た。辺りは高い山か崖のようになっていて、崖の上にお寺のような建物が複数ある。そこを巡るルートが木で組まれていて、歩けるようになっている。のだが、ここがめっちゃ怖い。道の幅が1.5メートルほどしかないしはるか下に川かなにか、とにかく水があるのが見えるがものすごく高さがある。手すりも何もない。

こえーと思いながら少し進むと、前方で5歳くらいの兄弟?がふざけて突き飛ばしあっていた。危ないなーと思いながら見ていたら片方が足場から落ちた。と思ったら、足場の50cmくらい下に予備の足場があって、その子どもは助かった。反対側から歩いてきた黒人の兄ちゃんが「あぶねーな」とか言いながらすれ違っていった。

自分は落っこちた子どもを引き上げて、親はいるのか尋ねていたら、その子よりちょっと年上の女の子がやってきて兄弟を連れて駅の方に戻っていった。ああ良かったと思うと同時に、いつでも戻れることに気がついた。
しかしルートの反対側から渡ってきたらしき人たち(結構周りにいっぱい人がいた)の中には子どももいて、それなら自分にもできるじゃん、と思ってそのまま進むことにした。

夢の中の架空の世界では完全に足場が空中に浮いているところと、崖の間に板が渡されているものがある。足場が空中に浮いているところを通過するのはものすごく怖かった。足場は結構古くて、ところどころ崩れていたり隙間が開いていたりする。躓いたら確実に死ぬと思ってた。なぜか他の人達は普通にそこをあるいていたので、自分だけビビってるのか?と思っていた。
そのまま少し進むと道が安定してきて、目的のお寺らしき建物も見えてきた。

更に進むと、一両の小さい電車(トロッコ?)の線路と歩道が交差している部分があった。結構広くて、ここを電車が通過するのを見るため、人が集まっていた。
電車が通り過ぎるのを待ってから線路を乗り越えて反対側に渡った。他にも何人か同じように渡っていた。ここが中間地点らしい。夢はここで終わって、目が覚めた。

なんだか中途半端な夢であった。最後まで渡りきったらどうなるんだろう。少なくとも、歩いているときは恐怖心を感じていたのでいい夢ではなかった。どちらかというと悪夢。悪夢はストレスがたまっている証拠らしいので、やっぱり何らかの自覚のないストレスがある模様。問題はそれが何かわからないということだ。

夢日記はよくないっていうじゃん?

自分は眠りが浅くてよく夢を見るので、おもしろいことや覚えている事があったら日記に書いている。夢日記の何が良くないかというと、現実に近い夢を見たり、夢を覚えている事が多くなりどこまで現実だったかわからなくなるらしい。
現に自分は、自宅で歯を磨いている夢をみたり(そろそろ出かけるかーと思ったらまだ寝ていた)、電車で寝ていて周りの人がほとんど降りたなーと思っていたら実際には満員だったりという、現実に近い夢を見ることがよくある。

まぁ、だからどうだっていうことは全くないのだけれど。

今日は他に複数夢を見ていた。しかし、他の夢はあまり覚えていない。なんかエルフの王が出てきたり喋る羊が出てきたりするファンタジックな夢だった気がする。あんまりおもしろくなかった上に、全体的に雰囲気が暗くて、こっちも悪夢だった模様。やっぱり疲れてんのかな。