ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

転職直後で保険証がないときに病院に行ってみた

最近、弱小SIerから小さいWeb系の会社に転職しました。
前職の後遺症で通院中なので、新しい会社には「早く保険証くれ」と言っていたのですが、結局発行されるまで二週間かかりました。
保険証ないときに病院に行くことになったらどうなるの?というのを体験したのでメモしておきます。
同じように転職したばかりで保険証が手元にない状態で病院に行くことになった人の参考になればと思います。

一時的に全額負担になるが、次回領収書を持っていけば返金される

病院の受付で、「転職したばかりで保険証が手元にないんです」というと、10割負担になると言われました。そうして、次に来るときに保険証と領収書を持っていけば、差額は返金されるらしいです。
このあたりはもしかしたら病院によって対応に差があるかもしれません。自分が通っているところはそんな感じでした。

普段は3割負担なので、10割負担だと随分高くなるなーと思いながらとりあえず支払いました。5千円くらいだったかな。
その後、処方された薬をもらいに行った薬局でも同じことを言われました。薬代は8千円くらいでした。高い…。

なので、保険証が発行されたあと再び病院に行く際に、忘れずに領収書を持っていけば大丈夫みたいです。

返金手続き

数週間後に再度病院に行った際に、受付で真新しい保険証を提出しました。 会計のときに、支払いの前に返金されました。助かるー。

その後、薬局でも同じように「前回10割負担だったんですけど」というと、領収書と明細の提示を求められて提出しました。こちらも、会計の前に返金されました。

健康保険のシステムに感謝

普段は病院に行く機会の少ない人には実感しづらいと思いますが、3割負担てかなり助かるなーと思いました。(アメリカの保険制度をチラ見しながら)

毎回全額負担だと、定期的に通院している人にはとんでもない出費になりますからね。

保険証の代わりになる書類をもらえる場合もある

ぐぐったところ、一時的にでも10割負担は無理…という場合の救済措置として、保険証の代わりの書類を会社からもらえる場合もあるようです。今回自分は利用しませんでしたが、手元にお金がない人は会社の総務の人とかに聞いてみるといいかと思います。

2018年の目標

1月になってもう半月くらいたつので、今年の目標を考えてみた。 とりわけ、今は新しい仕事を始めたばかりで色々とやりたいことが多いのでメモ的に書いておこうと思う。全部できるかは置いといて。
ちなみに書いてある順番と優先順位は一致しない。

やりたいこと

1.個人プロジェクトその1をすすめる

この目標は完成するまで言いたくないので、詳細は秘密。

2.勉強会に参加する

新しい職場が渋谷なので、勉強会に参加しやすくなった。仕事がある程度できるようになったら何かに参加したいなぁ。MacBookも手に入れたことだし。

3.OSS開発に参加する

これはハードルが高そうなので優先度は低め。「できたら…」くらいの感じで。前職ではSVNしか使ってなかったけど、今の仕事ではGitを使うようになったので、仕事以外でもどんどん使っていきたいなぁという欲望がある。それの延長みたいな感じ。できれば、前職で使っていたけど今の仕事では使わない技術に関することを、忘れないために使っていきたいとも思っている。

4.体調を直す

最優先。不眠、鬱なりかけ、食欲がない。以上の症状を何とかする。食欲はまぁ元から大してなかった気がするので今更だけど。不眠は仕事中とか辛いのでなんとかしたい。これを解決しないと勉強会への参加とか夢のまた夢なので。ちなみに体調不良は前職が原因であり、医療費に去年から大金を注ぎ込んでいるのだが、これに関してはあんまり考えないようにしたい。

個人プロジェクトその2をすすめる

Electronでエディタを作りたいという野望がある。とりあえず開発できる環境だけは作ったのだけど、それからあんまり進んでいない。どこから手を付けていいかもわかってない。目標3と若干被る部分はあるかも。

とりあえずこんなところ。増えたらまた更新するかも。

新年から使える手帳と、自分なりの使い方

新しい一年を迎えるのに必要なものの一つに、手帳があります。 自分はEDiTという一日1ページタイプの手帳をここ数年使っています。ちょっと大きめなので、持ち歩かずに家においてあります。以下かんたんな使い方とかのメモ。

基本的には「やったこと」を書く

自分の場合、重要な予定はiCloudのカレンダーに入れているので(リマインダーがついていて忘れにくい)、手帳に予定を書くことはあまりないです。 書いてもせいぜい歯医者に行く、とか美容院に行くとか、そのくらい。これは手帳のマンスリー部分に記入。後は飲み会の日程とか、わざわざ手帳に書かなくてもいいけど何もないと寂しいからという理由で書いているだけです。

で、一日のページには「その日にやったこと」を書いてます。使ったクレジットカードの合計額とか、その日あった主なこととか、映画のチケットを貼ったりとか。 ちなみにめんどくさくて何も書いていないページが、2017年の場合は半分くらいありますw なので「ページを毎日埋められない…どうしよう」とかいう心配はあまりする必要が無いかと思います。

これを書いておくと、次の年とかに「去年あの人と飲みに行ったのいつだっけ…?」というのを思い出すのに役に立ちます。美術展などのイベントのチケットを貼ったりすると、去年のことを思い出すのにも役立ちます。ちなみに3年連用日記も着けていたことがありますが、なぜか続かなくてやめました。というか日記的なものはトラベラーズノートに日々書いているのでわざわざ日記を書くのがめんどくさくなりました。

月の初めのページが便利

長年EDiTを使っているのは、月はじめにテーマややることを書くページがあるという理由もあります。これが気に入っていて、毎月1日に今月やる主なことを書いておきます(達成できない事が多いのはまあ…あまり気にしない方向で)。 あとは、ここにある程度の金額の買い物(1万円以上とか)をした場合に書くリストをつけていて、今月大体いくら使ったかの目安にしています。

シンプルなレイアウト

一日のページは時間とドットが書いてあるだけのシンプルなレイアウトです。なので時間ごとにやったことを書いてもいいし、時間は無視して書いてもOK。この自由な使い方が気に入っています。自分の手帳は文字ばっかりですが、絵を書くのもいいかもしれない。

書きやすい紙質

2年くらい前に紙質が改善され、万年筆でもにじみにくくなりました。もちろん油性ボールペンでも、水性ペンでも、鉛筆でも書きやすい、つるつるした紙質です。ただ、非常に薄い紙なので手を切らないように注意。

唯一気に入らない点はカバー

中のレイアウトは気に入っているのに、欲しいカバーがない…。毎年同じ問題に直面しているので一昨年くらいからカバーを布で自作して、中身だけのを買うことにしています。持ち歩かないからこれでもいいんですが、仕事とかに使うとなるとちょっと厳しいかもしれない。 一応、シンプルなスープルとか、ビニールのものとか、毎年いろいろなデザインのが出ているのですが、自分はいまいち気に入るのがない。あっても高い…というので今の方法に落ち着いています。気に入ったカバーがある人とか、特にこだわりがないならいいかも。

トラベラーズノートと併用しています

もう何年か前に書いた記事。 nil-fell.hatenablog.com

すっかりこの使い方で固定化されて、特筆すべきこともないのですが、一応。 トラベラーズノートにも、その日(というかノートを開いた時間)やったことを書いているので、EDiTと内容が被ることもあります。トラベラーズノートにはそれ以外にも考えていることとか、ネットでオモシロイと思ったコメント何かをめもしていたりするので、中身としては別物ですが。ちなみにトラベラーズノートはいつも持ち歩いていて、精神安定剤的な役割を果たしています。ちょっとした悩み事とか考えてることについても書いておいて、あとで「大したことなかったな」と思うようにしています。