ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

ランドルフのアビエーターサングラスを個人輸入した話

前回の記事でサングラスの購入を検討していることを書いた。自分は偏頭痛持ちなので、頭痛防止のために夏の外出時はサングラスをかけていることが多い。今使っているのは、某若者向けファッションブランドのものなのだが、落としたりなんだりでかなり傷だらけになってしまい、また、若者とは言い難い歳になってきたこともあって買い替えたいと思っていたのである。

前回の記事を書いた後、ネットで調べたりメガネショップで試着したりしてきた。デパートにある高級ファッションブランドから千円サングラスまで。そうして最終的に私が出した結論は「とにかく頑丈なのがいい」ということである。

「頑丈=ミリタリー仕様」というゲーム脳な思考回路によって見つけ出したのが、Randolph Engineeringという会社である。 この会社、社名にengineeringと入っていることからして製造に拘りがあることが分かる。工場で大量生産するのが一般的な現代において、手作業での組み立てにこだわっている。しかもボストンにある自社工場でしか生産していない。純粋なMade in USAにこだわりまくった会社なのである。なにそれかっこいい。

購入までの経緯

Randolph Engineeringという会社がどういう製品を作っているのかとか、会社の歴史とかはググればすぐに出てくるのでここでは詳細は書かない。しかし、頑丈で国内生産にこだわっているメーカーということと、日本でも一部の人たち(たぶんほぼミリオタ(偏見))に人気であるということだけ書いておこう。自分もミリオタに片足の親指だけ突っ込んだような人なので、「軍で使ってるのと同じモデル」というのにちょっとしたロマンを感じるのだ。

ランドルフに関して、日本語の情報はほぼないので英語でググりまくった。わかったのはアビエーターというモデルが一番有名で人気なことと、ジョニー・デップが愛用していること。そうして映画、ワイルド・カードでジェイソン・ステイサムも着けていたことが判明する。最後のワンシーンだけなので映画を見返した。(特定班すごいな)やった!ステイサムとおそろがいい!

この時点で「自分に似合うかどうか」という点は全く考えていなかった。思考はランドルフのアビエーターが欲しい、という一点のみ。自分に似合うサングラスを見つけるんじゃねぇ、オレがサングラスに合わせるんだ。

でも日本で売ってない

一応日本でも一部の眼鏡店で販売しているらしき情報を見かけたのだが、サイトの更新が古い上に詳細な情報が載っていないので今も在庫があるかわからない。amazonでは個人出品者も見かけたのだが、値段が3万円〜とお高め(USの通販サイトを見ると200ドル前後から)。「こんな値段なら個人輸入するわ!」という結論に至った。

でも公式サイトから購入できる

散々amazon.comや怪しげな中華系通販サイトなどを見た後に公式サイトに行ったら普通に買えた。売ってた。海外通販は紛失や偽物を掴まされるリスクが高いので、なるべく信頼できるところから買うのがベターである。その理屈でいくと、公式のショップなら間違いないのである。ちなみに公式サイトではフレームやレンズの色がカスタマイズできる。一瞬、ステイサムが映画で着けていたらしいゴールドメッキのフレームにしようと思ったのだが、結構な金額したので諦めて普通のクロムフレームにした。(貧乏性)

愛国心が強そうな会社なので「国外発送はしないぜ!」とかだったらどうしようと思ったのだが杞憂だった。全世界発送対応だった。ちなみに日本への送料は驚きの86ドル。86ドル…?何度か見直した。いやでもここで送料をケチって怪しげな業者から購入したら、届かないとか破損したりとか紛失などのリスクが高いのは承知の上である。しかし数日迷った。カスタマイズで一番安いのですら200ドル超え。もうすでに高級サングラスの部類である。そこから更に送料と関税で一万円近くかかるの?いっそ10本くらい購入して転売したら元が取れるのでは?とまで考えたが、元手と発送の手間とリスクを考えたら大変そうだったのでやめた。

届きました

f:id:nil-fell:20190605184441j:plain f:id:nil-fell:20190605184446j:plain 写真の角度と向きがおかしいのは、自分が写り込まないように変な体勢で撮ったからです。

注文当日(アメリカ時間)に発送され、5日後には自宅に届きました。早い、DHL(国際宅配業者)早い。ちなみに関税についてですが、佐川が届けに来て、着払いで支払いました。関税700円、日本の消費税1100円、立替え手数料1080円。…なるほど、DHLが関税を立替えてくれてたから届くのが早いのね。
しかし手数料1000円て、良い商売だなぁDHL!でも早いから許すよ!これで傷だらけのサングラスをかけ続ける恥ずかしさから開放されたのでね!

結局、トータルで3.5万円ほどかかりました。公式から購入するのが正解だったのか、未だにわからない。でも一つだけ言えることは、次はフレームとレンズの色が違うやつを買おうと思っているということです。

本体の使用感とかについては、気が向いたら書くかもしれないし書かないかもしれません。

↓一応、ランドルフの公式サイトへのリンク。英語しかないですが、サングラスの選び方やファッションの合わせ方、偏光レンズについてなど詳しく書かれていて大変参考になりました。

www.randolphusa.com

Xジェンダーのファッションについて考える

Xジェンダーというと世間一般では「中性的な格好」の人のイメージがあるかもしれない。しかし自分は体の性別に合わせた格好をしている。というのも、そこまで周囲の人間に対してXジェンダーアピールをしたくない、と思っているからである。それがアイディンティティの人もいるかもしれない(というかネットとかで目立つXの人はこのタイプが多いと思う)のだが、自分の場合はただの自認であってわざわざアピールする理由はないのである。あと、そもそもファッションとかあんまり興味ないというのもある。

しかし女性らしい服装は女装している気分で落ち着かないので、基本的にはジーンズにシャツみたいなシンプルな格好である。だいたいユニクロか無印で買ってる。でも髪はロング。これは好きな歌手の真似をしているからという気分的なものと、髪が長いと顔を隠せる&視界を狭めて周囲の余計なものを見なくて済むという実用性の両面的な理由からである。

ピアスなどのアクセサリーはシンプルで、男女どっちがつけてても違和感のないようなものをすることが多い。腕時計はGショックスマホケースはごついUAGのもの。よく「スマホケースごつくね?」と言われる。どちらもメンズだが、あんまり気にしない。逆に、ネックレスは女性向けの華奢なものをつけたりしている。Xだと割り切ると、アクセサリーを選ぶときに性別を気にせず、完全に好みで選ぶことができるのでちょっとお得感がある。

最近はメンズのサングラスがほしいと思っている。そもそもサングラスって男女兼用のものも多いしあんまり気にしなくていいと思うのだが、海外の映画俳優がプライベートで着けているようなかっこいいのがほしい。しかしそういうのってほぼアメリカ製なので、アジア人に似合わない可能性があるのが悲しい。まぁ試着してダメだったら国産で探せばいいかな…と、その辺のこだわりはテキトウだったりする。

というわけで自分の中でのXジェンダー風ファッションとは、中性的な服装にメンズ小物とレディース小物をミックスさせた、なんでもアリなものだと思っている。服と靴だけはどうしてもサイズがあるので妥協しなくてはならないのだが、小物はサイズをあまり気にしなくていいので、そういうところでX感を出していきたい。

…って、最初にアピールしたくないと書いたことと矛盾してしまったのだが、なんかXだと自認してからというもの「せっかくだから両方の性別の試してみようぜ」という気分になっている。以前は世間の目とか気にして一応、見た目どおりの性別の格好をしていたときもあったけど、そういう事するとストレスがたまる原因になるのであんまりよくないなと思うようになった。まだ鬱が治ってないのもあるので、なるべくストレスがたまらない生活をしていきたいものである。

インターネットの匿名性の話

某アニメの関係者がネットで誹謗中傷や個人攻撃をしていた事件について、ちょっと調べていた。なぜ現代においてもこのような「ネットで悪口」レベルのアホが発生するのか、そして(ほぼ)特定までされて問題になるのか。

考えてみたのだが、本人のネットリテラシーが低かったこと、それとは反対に社会的ポジションがそこそこあった、というのが原因だったと思う。社会的ポジションがそこそこだからこそ、自己顕示欲が高く、ネットでもそれが通用すると勘違いしてしまったパターン。逆に言えば、それでもネットリテラシーがしっかりしていれば、あそこまで炎上することはなかったであろうと思われる。

さて、ネットでの匿名性とは言っても、大まかに2種類ある。

1. 完全に匿名

5chとかふたばとかその他掲示板がこれに当たる。基本的にハンドルネームが存在せず、IDは一定時間で変更され、一旦投稿したものは再編集することができない。
完全に匿名と言っても管理人にはわかっているので、ここで誹謗中傷や犯罪予告などの行為をするのは馬鹿以外の何者でもない。仮にもし、何らかの事情で法律に反する行為やIDを切り替えて自演をしたい場合は、普段使っている回線以外から書き込んだり、串を通してIPを偽装するなどの一手間をかける必要が出てくる。必ずしも必要ではないが、IPの特定を避けるためには必要な手段だろう。今回の炎上事件はそれを怠ったためにIPがバレ、炎上の悪化につながった。

2. ハンドルネームのある匿名

TwitterなどのIDが固定されているSNSがこれに当たる。ハンドルネームによって個人の同一性は保たれているものの、そこから個人を特定できるか否かは本人が投稿する内容によるので、特定されたくない場合は投稿内容を慎重に考える必要がある。Twitterを例に上げるが、この手のSNSは投稿を消してもサーバには内容が残っている。基本的にエンジニアというのは削除機能をつけても物理削除させることはまずない。論理削除が一般的である。論理削除というのは、ユーザー側からは削除されたように見えるが、実際のデータベースにはデータが残っている状態のことである。ほとんどのDBがこういう設計になっている。なぜかというと、ユーザーから「さっき間違ってデータ消しちゃったけど元に戻したい」という問い合わせがほぼ確実に発生するからである。まぁ、Twitterの場合は法律的な問題も関わってくるので尚の事投稿内容は詳細に保存しているはずである。
難しい話はともかく、たとえTwitterのアカウントを削除しても、一旦投稿した内容が完全に消えることはまずない。ID固定のSNSで誹謗中傷などの行為をするのは非常にリスクが高いということが分かる。


某アニメの関係者の話に戻そう。
誰とは言わないがこの関係者はTwitterで複アカを作ってライバル関係にあるユーザーの誹謗中傷、ネガキャンを繰り返していた疑惑がある。そして複アカがバレそうになるとアカウントを削除して逃亡を図った。前述したとおり、アカウントを消してもデータベースには残っているので管理者が見ようと思えば見れる状況であり、第三者も開示請求をすれば閲覧することができるのである。

ここからはただの予想だが、複アカ疑惑のある某アニメ関係者はおそらく、Twitterの仕組までは知らなかったのだろう。アカウントを消せば投稿内容は完全に消えると思っていたのだろう。でないとTwitterであんな暴言は吐けないと思う。特定されるリスクが高いし、そもそも規約違反だし、法律的にアウトの可能性だってある。
ちなみにその某アニメ関係者は、10年ほど前に社内の掲示板を管理していて、荒らしと戦っていたことを自慢していたという過去がある。会社の管理している掲示板なら自分が管理者なので削除するのも放置するのも自由だし、削除してしまえば誰にも見えなくなるだろう。それと同じ感覚でTwitterを使っていたのではないだろうかと思っている。が、残念ながらTwitterTwitter社が管理しているのでデータの保存、削除権限はTwitter社にある。ユーザーはあくまで表面上のデータを閲覧できるだけなのだ。そういう、他者の管理しているサーバ上での誹謗中傷がどれだけリスクのある行為なのか、彼は理解していなかったと思われる。いい大人なのに…。

その他にも、業者か本人かはわからないがふたばで工作やニコニコ大百科のコメント欄で自演していたのがバレてきている。多数の掲示板が存在し、ユーザーもそこそこ教育されている現代で、特定の掲示板だけで火消し工作をしたところで無意味なのだ。「消したら増える」はネットの常識である。不都合な内容を削除したところで、第二第三の投稿者が同じ内容を投稿し、インターネット上から完全に証拠を削除することは不可能である。しかし、彼らはまだわかっていないようで、今でも火消し工作員の書き込みが随所に見られる。

1984年というSF小説をご存知だろうか?作中では国に都合の悪い内容をすべて書き換えるための部署が存在し、主人公はその仕事をしている。国が過去にAと言ったものが時期によってBに変更されると、過去の新聞記事などのAの部分をすべてBに置き換えるという仕事がある。この作品が公開されたのは1948年。当時はインターネットはなく、主な情報収集媒体は新聞だったので、このようなアイディアが出てくるのも分かる。仮に過去の記事すべてがBに変更されたら、Aだった頃の記憶を持っている人も「実は最初からBだったかもしれない」と思い込む…というような内容になっている。

しかし、現代は誰でも情報発信ができる時代である。1984年の世界のような「過去の情報を上書きすれば事実が隠せる」という単純なものではない。某アニメ関係者はそれがわかっていないようで、未だにのらりくらりとユーザーの問い合わせを無視して事実を隠蔽しようとしている。いやもう無理だろ…諦めて事実を話せよ…と、第三者的には思うものの、彼らもいろいろとヤバイことをしているだろうから逃げられるところまで逃げるしかないのだろう。

なんていうか、大人ってほんとに馬鹿だな、といい年をした大人である筆者は思うのである。

一番かしこいインターネットの使い方は、特定個人の悪口を書かないこと、嘘を拡散させないことである。知り合いの悪口は飲み会とかでオフレコでやってください。インターネット上に書き込むのはそれ相応のリスクが伴うことを忘れてはいけない。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)