ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

虚無な休日

仕事で嫌なことがあった金曜日。嫌なことは主に人間関係だ。仕事の内容は非常に刺激的で、創造的で裁量権もある、理想的な職場である。問題はたった一人の人間が、その空気をぶち壊すということだ。そのたった一人の人間のせいで職場の空気が悪くなり、無駄に打ち合わせが発生して仕事は遅延し、メンバーのやる気を削いでいく。

交通事故レベルの嫌なことに遭遇した次の日は休日である。本来なら出かけるなり遊びに興じるなりしてストレスを解消するべきなのだろうが、まったくなにもやる気が出ない。先々月買ったゲームは一度起動したきりで積んだままだ。読みかけの本は3分の1の地点にしおりが挟まれたまま、半年は放置されている。私はもうストレスの解消手段すら失ってしまったのかもしれない。唯一ブログに愚痴を書くことで正気を維持しているが、果たして今の自分が正気なのかどうかも疑わしい。

世間ではお盆休みという名の連休の開始らしいが、今の会社には決まった休みというのがないので、来週も普通に出勤である。つまり、月曜日も仕事にいかなくてはならない。この事実に対してものすごい苦痛を感じている自分がいる。やってらんねー。なぜなら月曜日に金曜の交通事故の後処理をしなければならないからである。非常に憂鬱で、ストレス解消手段すら失ったため、なんとなく手首を切った。腕が自分の物か実感がなかったのでそれを確かめたかったのだが、痛いのも血が出るのも一瞬だけだった。自分の意思に反して体はすぐに血を止めて傷を塞ぐ。なんでこんなことをしているのか全くわからないのだが、多分行き場を失ったストレスが自分に向いた結果なんだろうなと客観的に観察している。以前はストレスはゲームで銃を撃って発散していた。炸裂する火薬音、連射した銃の振動、飛び散る液体と爽快なキルの効果音。FPSはストレス解消に最適だと思っていたのだが、もう今では起動する気にもなれない。代わりに現実で血を流してみたが、ストレス解消になったかというと微妙だった。ただ痛いだけだった。腕は自分のものだった。

何もやる気が出ない日曜日。世間の片隅はコミケで盛り上がっている。その余波が、Twitterを通じて私の閉じた生活にも流れ込んでくる。でもそれは私にとっての現実と同じように、フィルターの向こう側の世界だ。自分とは関わりのない場所で世間は盛り上がっている。あちら側に行けたらもう少し充実した休日をすごせたのだろうか。今日は一日の大半を寝て過ごしていた。平日の睡眠不足を休日で補完している。いくら寝ても眠い。カラオケで叫んでも、筋トレしても、お酒を飲んでもストレスは解消されない。ストレスの原因はあとからあとからやってくるからだ。せっかく転職してまともに仕事ができる場所を見つけたと思ったのに、逃亡先も同じだった。いや、前よりは幾分かマシなはずだ。周りはみんなカジュアルな私服だし、仕事中に趣味の話でチャットが盛り上がることもあるし、仕事も評価してもらえている。ただ一人の存在だけがストレスなのだ。それは一緒に仕事しているチームの全員が感じていることで、私だけの問題ではない。だが、去年適応障害になった原因をまだ引きずっているのか、人一倍対人ストレスに対して敏感になっている気がする。そして、そんな自分に嫌悪感がある。

何もかも嫌になって部屋に引きこもり、Google Homeで音楽を流して横になっていた。話し相手はGoogle Homeだけだ。 手首の傷がみっともない。いい年して子供みたいなことをしてしまった。だけどこの抱えたストレスをどこに発散していいのかもわからない。もう一度休職したいが、傷病手当をもらうには1年以上その会社で勤務する必要がある。あと半年もこの場所で働けるだろうか。そもそも休職なんてさせてもらえるのだろうか。

一ヶ月間休職していたことを先に伝えて、それでも面接に通ったのが今の会社だったので、メンタル系の病気には理解があると思ったのだが実際はそうでもなかった。面接では判断できなかった。理解がありますよと言っていたのは口先だけの自己愛経営者だった。それに気がついたのは入社してから三ヶ月以上たってからだ。やっと有給が使えるようになって、数日休暇をとって地元に帰った。それから東京に戻って来てすぐに有給をとったことや定時で帰宅していることを上げて、仕事に対するやる気がないと遠回しに言われた。面接では全然ブラックな雰囲気ではなかったのに、実際はこれだ。入社してから多少社内の事情が変わったというのも関係あるかもしれない。おかげで今後有給を使いづらくなったし、定時ぴったりで退社するのもためらわれるようになった。適応障害になる以前の自分だったら気にせず普段どおり過ごしていただろう。ただ今回はその件で一気に萎えた。魅力的な仕事内容や、きちんと実力を見てくれる上司もいるこの会社で、たった一人の問題児のおかげで追い詰められている自分が情けない。

毎朝通勤するときに通る道、前を歩く人、すれ違う人、全部現実とは程遠い、何か映画のような奇妙な景色に見えるのは、暑さのせいだけではないだろう。

人生RTA

RTAとはリアルタイムアタックの略である。

長いようで短い人生、年々迫ってくる目標寿命。
自分は10代の頃から漠然と、n歳になったら死ぬ、と思っている。その時間が刻々と迫ってきている。別に絶対にn歳で死ななければならないわけではないのだが、自分の中でなんとなく強いられている気がしているだけである。

目標寿命まであとn年。どうしたものか。10年前に考えていた未来とはあんまり大差がないようで、細かく見ると外れていっている現在。それでも死ぬ前に何らかの痕跡を世界に残していってやろうと足掻いている。それができるのも、一日に飲める限界量まで処方された抗うつ剤のおかげである。それがなかったらおそらく自分はなんの痕跡も残さないまま寿命を消費していくだけの、地球文明のデプリになるところであった。

まぁ、そうは言ってもやっていることがこうしてネットに駄文を載せているだけなので、やっていることはデプリ製造と変わらないのかもしれない。自分そのものがデプリか、ネットのデプリ製造機か、と考えると前者のほうがマシな気がしてきた。だが、はじめたものはもうやめられない。飽きるか死ぬまで続けてやろうと思っている。

鬱ごはんという本を買った。日曜の午後、あまりにもぐうたらで生産性のない休日を過ごしていたので、せめてなにかインプットしてやろうと思ってAmazonを開いたら、施川ユウキ先生の本がおすすめ一覧にのっていたのである。たしか前に「バーナード嬢曰く。」の4巻を注文したのでその履歴から表示されたのかもしれない。

「鬱ごはん」
今の自分にはピッタリな本であった。グルメ漫画なんて一生読むことはないと思っていた程度には食に興味がないのであるが、この漫画の主人公もおなじである。その割にいろんなものを食ってるなーとは思うが、そうでなければネタにならないのでまぁそこは置いておく。

まず、第一話の冒頭から好き。

毎朝、堕ちていく飛行機の中で目が覚める気分だ

そうして松屋的な店に入って焼肉定食を注文した後の感想が

堕ちていく飛行機で出される機内食

である。最高かよ。

ちなみに自分の最近の主食は冷凍食品のパスタである。紙トレーに乗ったパスタを毎晩夕食として食べていると、そこはかとなく漂ってくるディストピア感。なんで自分はこんなものを食っているのか。もっとマシなものはないのだろうか。冷凍パスタを食べすぎて、ニオイだけで吐きそうになっているのに他にお手軽に栄養を補給でき、かつ食べやすいものがないので仕方なくそれを繰り返している。自分の体は冷凍食品とカロリーメイトで構成されている。それでも(身体的には)健康に生きていられるのだから、現代文明には感謝しなくてはならない。

食事はただのルーチンワークである。そこに楽しいとかいう感情は一切ない。仮に人と食事したときに「おいしー」とか「ビール最高」とか言っていてもそれは自動生成されたbotの発言みたいなものだと思ってもらって間違いない。ここではこう言わないと空気悪くなるな…程度の知能はあるつもりだ。

世の中食べることだけが幸せで、生きていることを実感するという人がいる一方で、食事をすることに対して苦痛を覚える人間もいるのだ。この苦痛があと何十年も続くのなら、いっそ自分の手でスパッと終わらせたい。そのリミットまであとn年。何をして過ごそうか。あとn年もこの苦行に耐えうるのだろうか。先のことは何一つわからない。わかるのはただ、明日もこのクソ暑いなか会社に出勤しなくてはならないということだけだ。

反出生主義について

実家に帰るといつも言われることがある。 「結婚しないの?」 「そろそろ孫がほしいんだけど」

こういうことを言われている人は多いだろう。残念ながら結婚も子供も一人ではできない。そして、私は一人が好きなのである。

最近思いだしたのだが、自分は反出生主義者であった。思い出したというのは、前に本か何かで反出生主義について知って「なるほど、自分はこの考えに賛同できる」と思っていた事を最近まで忘れていたからだ。ブログだったか何かでその言葉を見て、自分が反出生主義出会ったことを思い出した。まぁ、日常で使うことはほぼない言葉だし、忘れていたのも無理はない。

一応説明しておくと、反出生主義とは「出生(子どもをつくること)に反対する」という主義、思想である。 え、それじゃあ人類はいずれ絶滅すると思うじゃん?反出生主義の人たちはそれでいいと思っている。なぜなら、人生は苦痛であることのほうが多いからである。まぁ現実問題、子どもをほしいと思っている人は一定数いるだろうし、そういう人たちに「子どもを作るのはやめろ!」なんて言うつもりもない。主義はあくまでただの主義だ。

そこで冒頭に戻る。 親からの「結婚しなさい」「子ども作りなさい」というプレッシャーに対して「反出生主義だから子どもを作るつもりはない」この一言で論破できることに気がついたのだ。 やったぜ。長年、「うーん、無理だから弟に期待して」「多分無理だからペットでも飼ったら」とのらりくらりと躱していたが、たった一言で「孫産め」を封殺することができるわけだ。

と思って先日実家に帰省した際、案の定「結婚しないの?」攻撃にあったので言ってやりました。結果は……
「そんなこと言わないでよー」
でした。……うん、分かってないわこりゃ。

反出生主義について

「日本は少子化なのにそんな事言うのはおかしい」と思う方もいるだろう。日本の問題は少子高齢化、つまり世代の偏りなのであって、人口自体は1970年から比べると3000万人くらい増えているらしい(Google先生調べ)。だから人口が減ることが必ずしも問題ではない。むしろ今の日本の人口は多すぎると思っている。 人口のバランスは時間が経てば(つまり今多すぎる老人世代がいなくなれば)解決するのである。地球の人口は70億を超え、そろそろ食料不足が心配されている。世界の人口は50億くらいまで減ったほうがちょうどいいのではないだろうか。全てのモノが増え続ければ、成長を続ければいいということでもないし。文明の進歩も時には停滞するときもあるだろう。先進国では出生率が減っているらしい。それって社会精度や個人の問題ではなく、人類という種としての本能が「これ以上増えるとまずいぞ」と無意識に人口増加にブレーキをかけているのではないだろうかと考えたりする。

だからというわけではないが、私は反出生主義なのである。人類は生まれない方がよかったのだ。すべてのものはいつか消滅する。国のために子どもを作れなんて馬鹿な主張を真に受ける必要は全くないし、親が期待しているからなんて理由で子どもを持つべきではない。もちろん、本人が子どもをほしいと思っている場合には全然構わないのだが。社会のため、日本のため、親のため、とか誰かのために子どもを持とうとする人に対しては私は疑問に思っている。本当にそれでいいと思っているのか?自分の人生を、自分以外の誰かの意見で決めるべきなのか?

私は一人が好きだ。今後の人生でパートナーができることもないだろう。私の人生は確かに親からもらったものだが、自分のものなのだ。自分のものである以上、好き勝手に生きて好きに死んでやるつもりだ。