ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

オンライン飲み会がつらい

先日会社の人たちとのオンライン飲み会に参加してきた。 自分は飲み会が嫌いだが入社して日が浅いため、どんな人がいるのか知っておこうと思い参加したのだが、思った以上に苦行だった。せっかくなので何がつらかったのか書いておこうと思う。

世の中にはオンライン飲み会を推奨する記事が多いが、本記事では逆に「オンライン飲み会しんどくね?」ということを書いていく。


会社の人の家庭を垣間見るのがつらい

これは飲み会に限らず在宅勤務あるあるだと思うのだが、カメラにペットが乱入したり子どもたちが写り込んできたりする。そのたびに「かわいいですねー」「なごみますねー」と言わなければならない。

……いや。言わなければならないというのは完全に嘘なのだが、場の空気を悪くしないためにその発言は必要なのだ。オンライン飲み会でも空気を読まなければならない。つらい。

筆者はたびたび反出生主義を主張している通り、子どもには興味がなく、また動物は好きだがペットはかわいそうという理由で飼えない。そんなわけで他人の家のペットや家族などの家庭事情が映り込むオンライン飲み会をしていると、それに対して作り笑顔で褒めそやす自分に嫌気がさしてくる。

別にオンラインに限った話ではなくて、例えば子どもが生まれたばかりの人がいる飲み会だったらお子さんの写真を見せてきたりするかもしれない。そういうものに興味が無くとも見せられれば反応せざるを得ない。上司がパパやってるとこなんか見たくねぇんだよ……!という個人的な叫びを記述しておきたい。

自分の顔を見続けるのがつらい

自分がちゃんとカメラに写っているか確認するため、結果的に自分の顔を視界にいれながら酒を飲むという行為がよろしくない。そもそもカメラが嫌いである。部屋が映り込むのも良くない。部屋の映り込みはバーチャル背景を使えば回避できるが、アバターを使うとめっちゃいじられるということがわかったので使いたくないし、目立ちたくない。カメラをオフにしたこともあるが、空気の読めない人のようになってしまったのでやめた。常にカメラに映るように意識するので、椅子に座った状態から動きづらいのもつらい。

ということでカメラありのオンライン飲み会は苦行である。

自宅にいるのに飲み会の雰囲気が味わえるオンライン飲み会は苦行

体は自宅にいるのに、空気は完全に会社の飲み会。そんなオンライン飲み会が苦痛、という話であった。

補足しておくが、筆者は日頃友人たちとボイチャのみのオンライン飲み会を開催しており、非常に気楽なので全てのオンライン飲み会が嫌というわけではない。こちらの飲み会はdiscordを使っており、いつ入っても出てもOKという超絶ゆるい設定なのでとてもよい。Zoomはその性質上、ホストが部屋を立てないと参加できないので若干ハードルが上がる気がする。こればかりは好みの問題かもしれない。

ということで、飲み会は気のおけない仲間たちとやるものであって、会社でやるものではないな…という結論に至った。 筆者は今後、職場でオンライン飲み会が開催されても欠席するだろう……。

【G-SHOCK】GWR-B1000購入したからレビュー書く【グラビティマスター】

先月転職したので、自分への転職祝いに時計を買いました。

ちなみに背後に見える赤い物体はラミーのサファリです。机の上が散らかっていて申し訳ありません。

GWR-B1000はG-SHOCKの中でも高級ラインのマスターオブGシリーズの一つで、なんとケースとベルトがカーボンでできています。 車好きにとって、カーボンといえばスーパーカーに使われている素材。

「カーボンが軽い」とは聞いていたものの、どれほどの軽さなのかは車を持たない庶民にはいまいち実感がつかめずにいました。 しかし時計なら!庶民でも買える!ということで全体がカーボン素材のGWR-B1000を購入しました。

買うタイミングを狙っていた

発売当時から気にはなっていたものの、自分が時計に出せる金額は大きく超えているし大きくて似合わなそうだしとずっと悩んでいました。

しかし今年、転職することになったのを機に思い切って購入しました。ヨドバシ・ドット・コムでポチッと。

翌日、自宅にはGWR-B1000が届きました…早いぜヨドバシ。

カーボンという素材、サファイアガラスとチタンの高級感、一見ゴツいけれどスッキリしたデザインと、何よりも頑丈で時間が正確なこと。時計に興味がない現代人である筆者の物欲をそそるには十分でした。時計に興味はないけど頑丈で実用的なガジェットはほしい!そんなわけで転職という機会を言い訳に購入に踏み切りました。

Bluetoothスマホと連携できるので、細かい設定がスマホでできること、近くにおいてあるはずのスマホを見失ったときに時計から音を鳴らせるという機能付き、というところなどもポイントが高いです。

スマホは地味にベッドの隙間とか布団の中に紛れていなくなるんですよね。

とにかく軽い

カーボン、軽いです。

見た目は普通のメンズ時計サイズな上に結構厚みがあるのでずっしりとした感覚を想像しますが、実際手にしてみると驚くほど軽いです。機械式時計を愛用している友人に持たせてみたら驚いていました。重さは日常、身につけるものとしてはとても重要。というより、個人的にはその重さ故に機械式時計に全く惹かれなかった人なので、軽いということは時計選びにおいてかなり重要なのです。

大人がG-SHOCKはダサい?

細い腕にごつい時計は似合わない?

知るか!気に入ったものを着ける!

ちなみに白シャツに合わせるとこんな感じになります。

腕の幅からはみ出ているけど気にしない。

G-SHOCKといえばデジタルなイメージの人が多いかもしれませんが、GWR-B1000はフルアナログなので他のモデルとはイメージが違うかもしれません。アナログでも、タイマーやストップウォッチ、ワールドタイムなどの基本的な機能は備えているところも魅力的です!時間を知るだけが時計ではない。

ちなみにタイマーを起動すると秒針が逆回転します。それが何だか可愛くて、GoogleHomeで事足りるのにわざわざG-SHOCKカップ麺の時間を測ったりしています。

今回購入したのはこちら。

フルブラックモデルと迷ったのですが、金属部分の青がかっこよかったのと文字盤の視認性を考慮してブルーとブラックのモデルにしました。くー、かっこいい!

見た目がかっこいいので着けているだけで満足感があります。この記事を読んでいる方に腕時計必要論など語る意味はないでしょうが、やはり思ったときにすぐに時間を知ることができるというのは重要です。(スマホの位置もわかるし…)映画館などのスマホが使えない場所でこっそり時間を知りたいときにも便利です。

スマートウォッチは個人的に、充電しなければならない時点で実用的ではないと思っています。というのも、自分が想定する「日常」の範囲は3.11レベルの災害時。電気などのライフラインが数日止まった状態でもちゃんと動いてくれるものでなくてはならないのです。充電が必要な時計は不要。やはり電波ソーラーこそ最強、という結論に至りました。G-SHOCKなら落としてもぶつけても壊れないので、日常使いは愚か、怪我するレベルの事故でも時計は無事でしょう(本人が無事とは言っていない)。

ちなみにG-SHOCKBluetooth搭載モデルはスマホとリンクして時間も調整してくれるので、普通の電波時計よりも時間のズレが少ないです。

5年間使ったBaby-Gをもう着けることはないでしょうが、愛着はあるので大事に保管しておきます。

というわけで、最高に実用的な腕時計GWR-B1000の記事でした。カーボン素材の時計の購入を迷っている方は、買って損はない逸品です。

SHIROの香水について語る

SHIROのフレグランスといえば、サボンやホワイトリリーの練り香水のイメージがある。可愛らしい女子って感じ。ユニセックスな香りが好きな自分は、今までそれほど興味もなかった。

しかしSNSであまりに頻繁に見るのでどんな香りなのか気になって、一度店舗に行ったことがある。確かに万人受けするような、自然で軽やかでかわいらしい香りだった。でも自分向きではないな。

そう思いつつなんとなく店内を見回したとき、透明のきれいなボトルを見つけた。近づいてよく見ると、それがフレグランスであることが分かった。SHIROのパフュームシリーズとの出会いだった。

検索しても見つけにくいのでリンクを貼っておく。

shiro-shiro.jp

世界各地の調香師の好きな情景から生まれた香りなのだそう。

その中でも特に気に入ったのが「スモークレザー」という香り。香りのストーリーは以下のようなもの。

視界に広がる煙経つ火山の力強さとたくましたを感じながら、今日も厳選した革素材を手に取り、丁寧になめしていく。もしこのレザーを燻したら、どんな香りだろうか。

革を燻した香りがイメージらしいが、自分には森林の香りに感じた。ヒノキなどの針葉樹の森の香り。甘さは一切なく、ひんやりとしたj樹木の印象。ユニセックスだがどちらかというとメンズ向きだと思う。時間が経つと尖った森林の香りが若干柔らかくなり、たしかに革製品のような香りがしないでもない…気がする。

トップノートはナツメグとジンジャー。若干スーっとする清涼感を感じるのはジンジャーかもしれない。

ミドルはカシュメランとアンバー。筆者はカシュメランとアンバーがどんな香りなのか知らない。

ラストはベチバーとインセンス。樹木っぽさはベチバーかなと思う。

正直、香りの変化はそれほど感じられない。香りも強くはなく、国産のブランドらしいほのかな香り方なので服や枕につけても一晩経つと消えている。肌につけても2,3時間くらいの持ちだと思う。

だが、それがいい

普段は濃厚で重たい香水が好みだが、時には気分転換にさっと香りを纏いたいときもある。

そんな気分に、SHIROのパフュームシリーズはとても適している。

100mlボトルなので多少値が張るのがネックだが、気軽に纏いたい香水を探している方には全力でおすすめしたいシリーズだ。もちろん、女性が好みそうなフローラルな香りもある。透明でシンプルなボトルはインテリアにも良さそう。とは言いつつ、筆者は劣化が怖いので箱に入れて保管しているのだが…。

残念ながらamazonではこのシリーズの取り扱いがなさそうなので、最も有名であろうサボンのリンクを貼っておく。冒頭に「女子って感じ」とか書いておきながら何だが、このシリーズもユニセックスに使えるので石鹸の香りを求めている男性諸君にもおすすめしておくことにする。