ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

社会復帰します

半年以上無職で過ごしていたわけだが、ようやく次の仕事が決まったことをここで報告しておきます。

いやー、長かった。長かったが、コレといってやりたいことができたわけではない無職期間であった。どうせ時間があるなら色々やりたいことがあったのだけど、実際はほとんど休んでいただけであった。人生の休憩期間。まぁ、そんな時期があってもいいよね、と思えるようになったのは収穫かもしれない。

次の仕事

またIT系です。結局この業種からは離れることができないのかもしれない。仕事をやめたときは、全然別の業界に行こうかとか考えたものだが、転職エージェントと相談したり面接したりしているうちに、やっぱり自分はまだエンジニア職を辞めることはできないのだなと思ったのである。なんていうか、ある意味天職なのよね。

しかし不安なのが、今までこうしてだらだらと過ごしていてすぐにフルタイムで働くことができるのかということである。コレに関しては次に会社に何も言っていないし、やってみないと分からないことなのでやるしか無い。最近になってようやく自分に合う薬もわかってきたので、服薬しながら意地でもやってやるという気分である。

ちなみに年収は前職と同じくらい。まぁその割に福利厚生とかしっかりしているベンチャーなので前よりはマシな環境かもしれない。あとは、正直言ってブランクが結構あるので仕事をちゃんとできる自信がない。でもまぁ、自転車の乗り方と同じで、コードの書き方なんて数ヶ月休んだところで忘れるものでもないし、メソッドは忘れたところでググればいいし、なんとかなるでしょう。…という甘い考えでいるのである。

次の仕事はとにかく「ストレスが少なそう」という点だけで決めた。面接して「あ、ここストレスたまりそう」と感じたところはお断りした、あるいはされた。なので正直、製品がどうのとかあまり重視していないのである。とにかく通勤が楽で、オフィスの環境が良くて、面接官の印象が良かったのである。でもまぁ、面接の印象なんてお互いいいことしか言わないだろうからこの辺はあまり期待しないでおくし、自分は期待を裏切らないように努力するだけである。

転職エージェント

今回は二社使ってみた。IT系専門のところと、いろんな業種のところと。結局IT専門エージェントの方から紹介された求人で決まったのである。やっぱりIT系は詳しい人のほうが色々と相談できるし経歴書も直してくれるしでいい事ずくめであった。

また社会人になるので

失業手当がもらえるとは言え、やはり仕事をしていないと色々とお金以外の面でも不自由が出てくる。特になんか、常に社会に対する後ろめたさのようなものが付きまとうのが良くないと思った。コレに関しては、仕事をして社会貢献しているだけで自信を持ってもいいと思えた。とにかく…うまく説明できないのだけれど、平日昼間に出歩いたり、友達の遊んだりするだけで何か申し訳ないような、そんな気分になるのだ。決して他人の収めた税金で生活しているからということだけではない何かがあるのだ。やはりうまく説明できない、感覚的なものである。

昼夜逆転しない方法

不眠症で無職だったわけだが、幸いなことに一緒にゲームをやるフレンドがいたおかげで規則正しい生活を送ることができている。コレに関しては全く面白い話で、毎日同じ時間にフレンドとオンライン対戦FPSをやっているおかげで、仕事をしていたときより早めに夕食を済ませてゲームするようになったし、ゲームを終えたらさっさと寝るようになった。まぁ、対戦で熱くなった後にすぐに寝るのは難しいのだが、その辺は薬のちからをかりていたりする。

とにかくフレンドを作ってゲームをするのは、案外とても健康的なのでは?と思うようになった。こればかりはフレンドによるのでなんとも言えないのだが、一緒にゲームをするフレンドがいたのはとてもラッキーだと思った。ちなみにゲームはCall of Duty:MWです。超おすすめ。

ジェンダーレス香水

最近、香水にハマっている。というか香りアイテムにハマっていて、その一つとして香水をつけるようになった。いや、以前から着けてはいたのだが、気が向いたときにたまに着ける程度だった。前は職場に香水が強烈な人がいて気分が悪くなったこともあって仕事をしていたときは着けなかったのだが、最近は着けるようになった。

いくつか香水を買って、自分の好きな香りの傾向がわかってきた。どれもユニセックスに使えるXジェンダー向けな香水だと思うので紹介しておこうと思う。

AUX PARADISのSavon

f:id:nil-fell:20200130123557p:plain
※画像は公式サイトから

オゥパラディと読みます。国産の香水で、一番小さいサイズで3000円以下というお手頃なのが良い。小さい瓶をいつもかばんに入れて持ち歩きようにしています。飲み会の帰りとかにお酒とタバコのニオイを打ち消すために着けたり。

国産だけあって香りがそんなに強くないけれど、そこが使いやすいと思う。サボンは石鹸とラベンダーの香りで、男性向けと店頭のポップには記載されていた。でも、年齢性別問わずに使える香りだと思う。男友達にも「いい匂い」と言われたので香水苦手な人でも大丈夫な香りだと思う。香りが強すぎないので、香水初心者にもおすすめできる。

CHANELのCHANCE

香水といえばシャネル、みたいなイメージがある(勝手に)。

シャネルのチャンスには4種類あって、その中の「オー フレッシュ」という緑色のが個人的に一番好きだったので購入した。これも一部の口コミサイトでは「男性向け」と書かれることもあるほど爽やか系である。でも一応女性用として売っている。瓶もシンプルで緑色で可愛すぎない、クールなイメージである。

「チャンス」という名前も気に入っているし、香りもとてもいい。チャンスの4種類の中では一番爽やかでユニセックスなのがオーフレッシュだ。

おフランス製なので国産香水よりも香りは強め。腕に着けると強すぎると思うので、個人的には足首に着けるのがおすすめ。というかシャネルのBAさんにそう言われたのでずっと足首に着けている。座ったときにふと香る程度なので、香害になることもないだろう。

値段は一番小さいのでも9000円ほどと安くはないが、国産より香りが長時間持続するのがいいところなので出かける前とかに着けている。「チャンスを身にまとう」という感じがなんかお守りっぽくて良い。


以上、Xジェンダー向け香水でした。ジェンダーレスというかユニセックスというか。まぁようするに性別関係なく使えますよ、ということなのでどっちでもいいと個人的には思う。Aセク的には、香水はアピールよりも「自分が癒やされたい」から着けるものなので周りに害を与えない程度に見に付けたいと思う次第である。

ピアス開けても運勢は変わらないけど気分は変わる

またピアスの話でも書こうと思う。最近開けたばかりでテンションが上がっているので。

「ピアスを開けると運勢が〜」とか「風水が〜」みたいな話をたまに目にするが、もう何度か開けている人間から言わせてもらうと「ピアス程度で何も変わらない」のである。でも気分は変わる。

初めて片耳に開けたときは、それまで全くアクセサリーの類に興味がなかったのにお店でピアスを見るようになった。両耳に開けたあとは、それまで着けていたおもちゃみたいなピアスから、本格的な「ジュエリー」と呼べる物に興味が出てきた。やはり両耳に空いていると着けられるピアスの種類も増えていい。鏡を見るのは嫌いだが、ピアスを着けているときだと気になってよく鏡を見るようになった。その結果、メイクとか髪型とかちゃんとしようと思えるようにもなった。

アクセサリーの中ではピアスが一番好きだ。目立たないし、(こぶりなものなら)邪魔にならないのでいつでも着けていられる。本格的に宝石や金を使ったものを買ったときは大人になった気がした。

軟骨を開けたときはかなり勇気が必要だったものの「これを乗り越えたら日常のストレスなんて些細なものになる気がする」という気分になった。実際のところ、毎日継続してやってくるストレスと一時的に痛いだけのピアスでは全然違うのだが、それはまぁ別の話なので割愛する。

こういう気分の変化を「運勢」の変化と呼ぶなら、たしかにピアスで運勢は変わるのだろう。でも開けただけで変わるわけではない。継続して手入れしてホールを維持する必要がある。定期的にジュエリーショップで新しいピアスを買うようになるのでお金もかかる。もちろん、安いピアスもあるけれど、ある程度値がはるもののほうが自分のテンションも上がるし「○○円したものなんだからそれに見合った人になろう」と努力するようになるのだと思う。

今まで買った一番高いピアスは、humというブランドのK18で出来た小さいフープピアスだ。キャッチがないので落としたりする心配がないし、着けていても引っかかることがない。金色のマットな輝きがシンプルでどこに着けていってもいい。一番お気に入りでもある。買ったときは高いなと思ったけど、誕生日の記念にと買ったものだし今ではそれを普段使っている自分が誇らしいと思うようになったものだ。自然と、自信も持てるようになってきて、顔を上げて歩けるようになった。

ピアスにはそのくらいの効果があるのだ(個人差があります)

別にこれがネックレスでもイヤリングでもいいのかもしれない。けれど耳に穴をあけるピアスはやっぱり重みが違うと思う。着けないとみっともないので何も着けずに出かけるという選択肢がなくなる。それなりに見た目に気を使うようになる。

だからこそ周りに流されてノリで、というよりは確固たる覚悟と決意を持って開けるのが、運勢を変えるコツなのかもしれないと思った。