ペン一本と、メモ帳

好きなものを好きなだけ

軟骨ピアスを病院で開けた

私の耳には今4つ、ピアスが開いている。「人生で最も憂鬱だ」と思う度に開けている。

イヤーロブは左に二つ、右に一つ、それぞれ市販のピアッサーで自分で開けた。左右で若干位置がずれているし、右の耳にいたってはすこし曲がっているのだが、正直耳たぶは柔らかいのでそんなに気にならない。しかし、軟骨は曲がったらものすごく目立つ。 流石に軟骨はピアッサーでは開けられないし、自力でまっすぐ開けられる自信がなかったので人生で初めて美容外科に行ってきた。

軟骨ピアスをニードルで開けてくれる病院をネットで探して、今回は「秋葉原中央クリニック」というところに行った。予約必須なので電話して予約。

で、受付を済ませて受診票に病気の有無とか色々書いて、ピアスを開ける位置をマーキングしてからいざ診察室へ。

診察台に横になって麻酔されるのだが、これがめっちゃ怖い。そもそも人生で麻酔された経験がない。あと麻酔がかなり痛い。これなら自力で麻酔無しで開けても大差ないのではないかと思ったほどである。

でも終わってしまえば何のことはなく、実際にピアスを通すときも何の感覚もなかったのでやっぱり麻酔してもらってよかったのかな…という結論に至った。麻酔しているので感覚はないのだが、耳なので穴をあけるときの音が怖い。ぶつ、ぶつっと音がする。でも感覚はないのでじっとしていれば大丈夫。

価格は、ピアス代と化膿止めの軟膏込みで1万円ほどだった。自力で開けると千円程度と考えるとかなり高いのだが、結果的に病院で開けてよかったと思っている。

やっぱりなれている医者に開けてもらうと確実に曲がらないし、トラブルになる可能性も低いので安心だからだ。もっと価格の安い病院もあったのだが、そこはニードルではなかったのでやめた。色々調べたけれども、軟骨をピアッサーで開けるのは治りが遅いのでよくないらしい。

そんなわけで左のヘリックスに一つ、またピアスが増えた。別にこれで憂鬱が消えるわけではないのだが、鏡を見る度にちょっとだけ満足感がある。ホールが完成したらどんなピアスをつけようか、今から考えるのも楽しみである。